ケアマネージャーに独学で合格する方法

福祉サービスの知識等

(1) 福祉用具

 

介護保険制度のサービスは、
高齢者に直接介護を行うだけではありません。

 

車椅子やベッドなどの福祉用具も給付の対象になります。

 

この場合、福祉用具は原則として貸与(レンタル)になり、
そのレンタル費用が給付されます。

 

ですが、入浴や排泄に関する福祉用具は、
購入が認められ、その費用が給付対象になります。

 

介護保険の給付対象となる福祉用具は、
いずれも高齢者の身体の機能を補い、
できることを広げたり、
行動範囲を広くするなどして生活にハリを生じさせるなどの効果があります。

 

介護保険の対象となっている主な福祉用具

 

・車いす

 

車いすといっても、さまざまな種類があります。

 

ケアマネージャーは、それを知った上で、
それぞれの要介護者に合ったものを選ぶ必要があります。

 

 自走用車いす: 自分で操作できる人のためのもので、
        車輪(駆動輪)は大きく、手で操作します。

 

 介助用車いす: 自分では操作できない人のためのもので、
        車輪は小さめになっていて、
        巻き込みの危険を減らしています。
        介助者用のグリップに、
        自転車のブレーキと同じようなレバーがついている場合もあります。

 

 電動車いす: バッテリーとモーターがついていて、
       小さなレバーやスイッチで操作できるものです。 
       身体的な機能が不自由でも、十分な判断力・理解力がある人の場合、   
       行動範囲が広がります。

 

 車いすの使用に際しては、本人の操作能力を評価し、
助言することが必要です。

 

 また、単に機能に注意するだけでなく、
利用する高齢者の体格や使用目的を考えたうえで
機種を選ぶことが大切です。

 

 身体にあっていない車いすは、
高齢者の体調を悪化させることもあります。

 

 座り方も重要です。

 

 姿勢を適切に保つことができ、
臀部(お尻)や腰に負担のかからないようなシートに
工夫されている車椅子もあります。

 

 車椅子の選定に当たっては、このようなフィッティングも重要な要素です。

 

・床ずれの防止用具

 

 身体にかかる圧力を分散させる効果の高いマットレスや、
モーターで空気を入れてその効果をより高めるエア・マットなどがあります。

 

・移動用リフト

 

 ベッドから車椅子などに乗り移る際の動作を補うためのリフトも、
福祉用具の一つです。

 

 これは介護する側の身体の負担を軽くする、
特に腰痛の予防のためにも重要なものとなります。

 

介護保険制度で給付対象となる住宅回収

 

介護保険制度で給付対象となる住宅回収には、
以下のようなものがあります。

 

いずれも簡易な工事に限られ、
床昇降機やエレベーターなど動力を用いた機器を設置するなど
大規模なものは認められませんが、
高齢者に合った住環境を検討することはとても重要です。

 

・手すりの取り付け

 

老化やトイレ、浴室、玄関、そして玄関から道路までの通路などに、
転倒防止や移動のしやすさのために手すりを設置するのが
とても有効です。

 

手すりは、直径3.5cm前後というように、
やや太めが高齢者には使いやすいようです。

 

また、高さは使う人の体格にあった高さにすべきです。
目安としては、大腿骨の腰骨側のつけ根の高さです。

 

・段差の解消

 

高齢者は、車椅子の場合5mmの段差でも乗り越えるのが難しい場合があります。

 

また、1cm弱の段差でも、歩行時に躓く恐れがあります。

 

歩行や移動の能力に応じて、スロープなどの設置など、
段差の解消をする工事を検討することが必要です。

 

・床の材料の変更

 

ぴかぴかのフローリングの床は、
歩行ができる高齢者にとって滑りやすく危険です。

 

フローリングよりも、カーペットのほうが良いでしょう。

 

ですが、車椅子の場合は、
毛足の長いカーペットや畳は移動に相当な力が必要なので、
一般には、フローリングの床が良いです。

 

高齢者のライフスタイルにあった工事を検討することが必要です。

 

・ドアの変更

 

引き戸は杖歩行や車椅子の高齢者には使いにくいです。

 

ですが、引き戸でなければ移動が難しい高齢者もいます。

 

高齢者のライフスタイルにあった工事を検討することが必要です。

 

・和式便器の様式便器への取替え

 

高齢者の自宅トイレが和式である場合もあります。

 

足の機能が低下した高齢者には、
かなり負担になっている可能性があるため、
様式トイレに変更するなどの改修が有効です。