ケアマネージャーに独学で合格する方法

ケアマネージャーの学校で学ぶ

受験の意識が高まるのは、願書が配布される5月くらいだという人が多いです。

 

この5月には、エンジンをかけて勉強を始めましょう。

 

勉強は、毎日同じ時間に行いたいものです。

 

できれば朝、勉強時間を確保するのが良いでしょう。

 

仕事が終わって帰宅してからも、
余裕があれば勉強できますが、
それよりも、毎日早朝に勉強時間をとれば
確実に勉強することができるはずです。

 

ですが、わからないことがあったりすると、
そこで勉強がストップしてしまったり、
コレは、このような解釈でよいのだろうか?と
不安になってしまうこともあります。

 

そのような人は、学校で学ぶというのも一つの方法です。

 

学校では、現場の情報をもとに教材が構成されていたり、
現役のケアマネージャーが講師を務めているなどします。

 

より実践的な講義を受けることができるでしょう。

 

たとえば、高齢者とは関係のない職種の人が、
ケアマネージャー試験のための学校に通い、
高齢者施設の見学などしたり、
実際に使っている介護保険証を見たり、
現場で使う帳票と同じもので実践するなどすると、
より理解が深まります。