ケアマネージャーに独学で合格する方法

ケアマネージャー通信教材で学ぶ

ケアマネージャーの試験は、
「五訂介護支援専門員基本テキスト」を中心に学ぶことが王道だといわれています。

 

ですが、独学で勉強する自信がないという人は、
通信講座や学校などで勉強するという人も多いです。

 

試験では、分野ごとに7割前後の合格基準が設定されます。

 

過去の出題傾向を見極めながら、
合格ラインをクリアすることを目標に、
効率よく勉強していきましょう。

 

通信教材では、概ね、過去の出題傾向を細かく分析し、
頻出事項に的を絞り、合格ラインをクリアできるようなものになっています。

 

また、福祉関連の法規や情報は毎年細かく変わります。

 

このような点も、通信教材であれば、
変更を提示してくれます。

 

独学では、すべての変更事項を自らチェックすることは難しいため、
こういった点でも通信教材で学ぶことにメリットがあります。

 

このように、通信教材には、通信教材で学ぶからこそ得られるメリットがたくさんありますが、
自主的に勉強しなければ意味がありません。

通信教材で勉強効果を上げる

テキスト・問題集

 

テキストや問題集での学習は、
計画性を持って挑むようにしましょう。

 

ためてしまうと、挫折につながります。

 

一週間ごとに計画を立て、
微修正しながら最後まで到達するように努力します。

 

資料集

 

勉強をするときには、必ず資料は脇において使うようにします。

 

通信での学習は、「わからない。」と思うと
学習がストップしてしまいます。

 

ですが、教材の中に、資料集や法令集があると、
解決することが多いです。

 

深く理解するためにも役立ちますから、
いつもそばにおいて学習するようにしましょう。

 

模擬試験

 

模擬試験では、点数にこだわりすぎず、
弱点を見つける手立てにしましょう。

 

できれば本番と同じ時間帯や条件で挑みましょう。

 

そして、解きなおしに力を置くことが重要です。

 

添削教材

 

期日を守って学習することは大変です。

 

ですが、通信講座の添削教材は、
丁寧な指導付で戻ってきます。

 

コメントをしっかり受け止め、復習しましょう。

 

質問用紙

 

通信講座には、質問用紙がついています。

 

質問することによって、わからないことを自覚することができます。

 

CDやDVD

 

通信講座には、CDやDVDつきの教材もあります。

 

ペーパー主体の通信講座が多いですが、
CDやDVDがついている教材では、
しっかり活用しましょう。

 

ノートをとりながら聞くことによって、
理解も深まります。