ケアマネージャーに独学で合格する方法

ケアマネージャーに独学で合格する方法

ケアマネージャー試験の合格率は、約20%です。

 

独学派には、特に厳しい数字です。

 

ですが、効果的に学習をし、環境を整えることによって
合格の可能性は高くなります。

 

おススメな教科書は「五訂 介護支援専門員基本テキスト」などです。

 

ケアマネージャーの試験は、合格率が20%ということなので、
「難関」だと思ってしまいます。

 

ですが、きちんと勉強をすれば9割正解できるので、
独学でも十分合格を勝ち取れる試験だといわれています。

 

ケアマネージャーの試験は、10月に行われるので、
4月頃にテキストを買う人が多いと思います。

 

しかし、テキストを買ったことに満足してしまい、
勉強に取り掛かるのが遅くなってしまうということも。

 

6月にはテキスト類をしっかり読み込んでいなければなりませんし、
7月には介護保険の制度を頭に叩き込んでおく必要があります。

 

また、7月から試験までの3ヶ月は、
問題集を中心に、しっかり勉強することが大切です。

早朝に集中して勉強する

しっかり勉強するためには、
やはり早朝に集中して勉強することが大切です。

 

夜早く寝て、朝早くおきて勉強すれば、
毎日2時間くらいの勉強時間をとることができるでしょう。

 

昼間は仕事がありますし、
夕方や夜は残業や家庭の事情などがありますし、
疲れもあってなかなか勉強することができません。

 

ですが、早朝であれば、頭はさえていますし、
夏場は涼しく、暗記もうまくできます。

 

さらに、通学の時間や昼休みなどに、
朝勉強したことの復習をすれば効率的です。

家族の理解を得る

勉強時間を確保することも大切ですが、
勉強する環境を確保することも、合格のためには必要です。

 

たとえば、食卓で勉強しようと思うと、
生活を引きずってしまいます。

 

ですから、自分の机を一つ用意し、
自分専用の勉強スペースを作ることが大切です。

 

家族に試験を受けることを公言し、
理解を得ることによって、
「勉強中だから声をかけずにおこう」というように
思ってもらえるようにしたいですいね。

仲間を探し励ましあう

ミクシーやツイッター、フェイスブックなどで、仲間を探し、
励ましあうことで、
長い受験期間を耐え、がんばることができそうです。

 

実際に試験を受けた人からアドバイスをもらうこともできるでしょう。

 

また、わからない問題があれば、
インターネットの掲示板などを通して、
日本中の人から回答をもらうことができます。

 

勉強法や、試験会場での過ごし方など、
さまざまな情報を得ることもできます。

ケアマネージャー試験成功の秘訣6か条とは

ケアマネージャー試験に合格した人に、
「ケアマネージャー試験成功の秘訣」を聞いてみました。

 

いろいろな勉強法がありますが、
中でも多かったのは以下のようなものです。

 

自分でも取り入れられそうな方法は真似をして、
合格を目指したいですね。

 

・勉強の場所を確保しましょう。
・朝早くおきて勉強しましょう。
・受験を公言し、自分に責任を持ちましょう。
・家族がいる人は家族の理解を得ましょう。
・仲間と励ましあってつらさを軽減しましょう。
・情報を仕入れて受験に生かしましょう。

 

ケアマネージャーは、看護師がスキルアップできる資格として大人気です。